川が流れる店舗!?体験型アウトドアストア「UPI表参道」をレポート!



みなさんこんにちは!

博展 プランナーの川津と渡邉です。



【Quest ! 】は、都内を中心に新しい店舗体験やイベントについて私たちが実際に体験し、月1回更新でレポートしていくコンテンツです。



前回のQUEST!はこちら!:

私らしい美の発見!

店舗でも家でも楽しめる「Maison KOSÉ」の魅力をレポート!



   目次

  1. 今回の体験スポット UPI 表参道とは?

  2. コロナ禍で再燃したアウトドアブーム

  3. アウトドアの魅力が詰まった店舗で体験!

  4. 今回の体験を終えて

  5. 次回予告


今回の体験スポット UPI表参道とは?

第5回は2021年の1月にオープンした「UPI 表参道」での体験をお届けします。

アクセス:表参道駅 A2出口より徒歩3分

※UPI表参道:Google map



UPI 表参道は、2021年1月にオープンした体験型のアウトドアストアです。


店内には、植栽の中に小川が流れる自然がリアルに再現され、そのスペースをつかって店舗内で販売されているアウトドアグッズを試すことができます。

都心にいながら自然の中でアウトドアカルチャーが味わえるということで注目を集めている店舗です!

表参道の他にも、本社のある鎌倉と、京都にも店舗を構えています。





●合言葉は「自然の中で、あたたかく生きる人々と共に」



UPI 表参道を運営する株式会社アンプラージュインターナショナル(UPI)は、「自然の中で、あたたかく生きる人々と共に」というキーワードの元に活動する、アウトドアライフ企業です。


2010年の創業以来、北欧、アイルランド、北米をはじめとする海外アウトドアブランドの正規輸入代理店として、現在は20を超えるブランドを取り扱っています。


UPIが取り扱うブランドの多くは家族経営を含む小規模企業で、「売る」「買う」以外のアウトドアライフに関しての考え方を大切にしているブランドだそうで、それぞれのブランドから彼らが大切にしてきた文化や背景を学び、インスピレーションを受け、共に歩むことを大切にしています。輸入代理店という位置付けだけでなく、これまで培ってきた知識を活かし、日本のものづくりとアウトドアライフを繋ぐプロダクトメーカーとしての活動も始まっています。



コロナ禍で再燃したアウトドアブーム

数年前から加速していたアウトドアブームは、コロナ禍を受けて、さらに盛り上がりを見せています。


「ソロキャンプ」「グランピング」などの言葉の流行だけでなく、キャンプを楽しむ女子高生を題材にした漫画「ゆるキャン△」の流行や、高機能で経済的かつ従来の作業服のイメージを覆すファッション性で話題になった「WORKMAN Plus」「#ワークマン女子」など、世の中の流れから見ても、多方面からのアウトドアへの需要が高まっていることが感じられます。


さらに、2020年以降は、新型コロナウイルスの影響により、遠出や人混みが避けられる中で「3密を避けることができるレジャー」として、さらなる注目を集めています。