自分にあった楽しみ方とコーヒーをカスタマイズ!『TOUCH-AND-GO COFFEE』をレポート!



みなさんこんにちは!

博展 / 新人プランナーの川津と渡邉です。


【Quest ! 】は、都内を中心に新しい店舗体験やイベントについて川津と渡邉で実際に体験し、月1回更新でレポートしていくコンテンツです。


前回のQuest!はこちら:梅文化とは?チョーヤが仕掛ける梅体験専門店『蝶矢』をレポート!


目次

  1. 今回の体験スポット TOUCH-AND-GO COFFEEとは?

  2. 出勤前に体験!

  3. ユーザーが発見している新たな楽しみ方

  4. 終わりに

  5. 次回予告


今回の体験スポット TOUCH-AND GO COFFEEとは?

第3回目は、東京・日本橋にあるTOUCH-AND-GO COFFEEについてお届けします。


「自分らしく働けるコーヒー」というテーマを掲げている一方で、ビジネスパーソン以外の間でも発展しているTOUCH-AND-COFFEEを体験してきました。 緊急事態宣言下ということもあり、前回予告させていただいたスポットから変更してオフィスの近くで体験をしてきました。


※TOUCH-AND-GO COFFEE : Google map

アクセス:東京メトロ東西線、銀座線、都営地下鉄浅草線「日本橋」駅 C2・D4出口を出てすぐ





サントリー食品インターナショナル株式会社が運営するTOUCH-AND-GO COFFEEは2019年6月にオープンしたテイクアウト専門のボトルスタイル・カフェで、サントリーの看板商品の一つであるBOSSがプロデュースした新型店舗です。


LINE内で注文から決済までが完結し、店舗では “ コーヒーを受け取るだけ ” というシステムが話題を呼んでいます。働き方やライフスタイルが変化し続けている今、自分のためだけにコーヒーを作ることができるスポットです。



⚫︎キーワードは『CUSTOM but FAST』


TOUCH-AND-GO COFFEEは『CUSTOM but FAST』すなわち[ 自分で選べるのにすぐに受け取れる ]というコンセプトが重要な要素となっています。


「CUSTOM」はロースト具合や数種類のフレーバーなどの組み合わせの自由度やボトルのパッケージデザインが自分でできる部分で表現し、「FAST 」は注文から決済までがLINEで完結することで商品提供までの速さと心理的ハードルを下げることで表現しています。






出勤前に体験!

本サイトを運営している私たち博展は東銀座にオフィスがあるので、実際の出勤前に日本橋の店舗に立ち寄って体験してきました!

テレワークも増えている中での貴重な出社のタイミングを少し特別にしたいと思います。





⚫︎注文フロー


❶LINEでTOUCH-AND-GO COFFEE公式アカウントを友だちに追加します。 「次へ」のボタンに従い使い方を学んだ後、早速注文に移っていきます。















❷ドリンクを6つの要素を選択して味を決めます。