CX事例紹介 -約1万人を集客したオンラインイベント“Sky Technology Fair 2020 Virtual”-



オフラインでの展示会が制限されている中、各企業がバーチャル展示会やオンライン商談会など新たな顧客体験の形を模索した一年でした。

オンラインという条件の中で、いかに顧客の満足度を高めることができるかが成功のキーポイントなのではないでしょうか?


多くの企業が新たなリードの獲得手段としてオンラインシフトに苦戦している中、今回取り上げるSky Technology Fair 2020 Virtualは約1万人以上も集客し、大成功を収めました。


そこで、今回はSky様とディスカッションを重ねながら、実施まで企画してきた弊社プロデューサーの高谷が施策の内容 / ポイントを語ります。


“Sky Technology Fair 2020 Virtual”


コロナの影響で展示会ができない中、Sky様は2ヶ月間にわたって自社製品やサービスの紹介を行うオンラインイベントを実施。


弊社グループ会社のサービスであるクラウド型オンラインイベントプラットフォーム”EXPOLINE”を活用し、オンラインイベントに必要な機能をフルパッケージにてご提供。

イベント全体設計をサポートしました。



ーー博展がサポートした経緯を教えてください。

もともとSky様は、年間10回以上の展示会に出展することで、見込み顧客との商談機会を獲得していました。

コロナ禍によって展示会の中止や来場制限が相次ぎ、従来のマーケティング施策を行うことが困難な状況となったことで、オンライン展示会の開催を決断。

他の会社さんと実施したオンライン展示会もあったようですが、目指している姿にうまくコミットできなかったことで、今回博展にご相談いただきました。

弊社は、やはり"リアルイベント"という印象の強い企業なので、ご相談いただく時は少し不安要素があったようですが、今までリアルな展示会で長い間ご一緒させていただいていたという絆から、この案件をお任せいただいように思います。




ーー今回の展示会はどのようなものですか?



通常の展示会の代替として、“Sky Technology Fair 2020 Virtual”という2ヶ月間にわたるオンライン展示会を開催しました。

内容としては、通常のオフライン展示会と同様、自社製品やサービスを紹介し、商談へと繋げるものでした。

2ヶ月という長期間の会期中に来場者の方々から届いた改善要望の多くに対応し、臨機応変にイベントを運営しました。例えば、会期中にいただいたご意見をもとに、230点以上もWEBサイトを修正 / 改良し、来場者の方々からの支持と評価を得ることに成功。

単独主催のBtoBオンラインイベントとしては、異例となる計42,000名超の来場者を記録することができました。





ーーオンライン開催するにあたっての博展チームの強みは何だと思いますか?


正直、弊社はWEBサイトやオンラインイベント専門の会社ではないので、お客様と一緒に勉強しながら制作していきました。

しかし私たちの仕事は、オンラインでもオフラインでも”イベントをサポートする"ことだけではなく、形にこだわることなく"クライアントのマーケティング活動に最大限貢献する"こと。

また、長年ご一緒させていただいているSky様との信頼関係が、今回の案件を成功へと導いたように思います。

今回の事例は、私のこのスピリットをお伝えできたように思います。




ーー実際に行った施策を教えてください。

展示会→商談に繋がることが大切なBtoB業界。

展示会がオンライン上で展開されても、来場者とのコミュニケーションは欠かしたくないのが本音ですよね。


チャットやWEB会議で商談予約がとれるような仕組みを用意したのですが、ただあるだけではなかなか相談件数は増えていきませんでした。

そこで、チャットにて質問していただいたお客様の中から、抽選で1名に景品を差し上げるというイベントを開始。

各ポイントへの参加率も上がり、チャットいただいたお客様はのちに開催されたウェビナーにもご参加いただけて、登録者数も2ヶ月で約9,800人となり、想定していた来場者数を大きく上回ることができました。

成功したと言える展示会ですが、まだまだ改良ポイントがあるのが実際のところ。次のハードルは商談だと思っています。チャットでは相談できないような内容を抱えているクライアントへ、今よりもっと密なコミュニケーションの取り方を考えていきたいです。


ーーSky様からはどのようなフィードバックをいただきましたか?