「イベントが選ばれなくなる未来を防ぎたい。」~業界のサステナビリティを推進すべく立ち上がったアンバサダープロジェクト~



生活者一人ひとりが“サステナブル”の判断基準を持つ今、企業はCSR活動に取り組むだけではなく、その活動内容を社会に発信し、生活者に自社の取り組みを理解してもらうことが重要だと言われています。

近年では、サステナビリティ推進のための専門部隊を設けるだけでなく、社内全体の認識を高めるための教育プログラムやセミナーを企画 / 実施している企業が増えています。


博展では、社内のサステナビリティに関する知見の向上だけでなく、持続可能な事業をイベント業界全体で推進すべく、今年から「サステナビリティ・アンバサダー制度」を開始!

1996年以降に生まれたZ世代の社員が中心となってイベント業界における課題を抽出し、実際に調査 / 開発することで博展内のサステナビリティを推進しています。


TEX BLOGではサステナビリティ・アンバサダーの活動を連載形式でご紹介!

働くZ世代のリアルな意見や、サステナビリティに関する社内認知をいかに高めていくのか、その過程を1年間にわたり密着取材いたします。


今回は企画 / 実行を担うサステナブル・ブランド事業部長兼サステナビリティ推進室長 鈴木と同推進室 村松に、サステナビリティ・アンバサダー発足に込められた想いや今後の展望をインタビュー!

サステナビリティに関する社内ブランディングに苦労している方、是非参考にしてみてください!







ーサステナビリティ・アンバサダーの取り組みを始めたきっかけを教えてください。


鈴木:

私たち博展は、MICE業界において持続可能なイベントを創る第一人者になりたいと強く願っています。


サステナビリティは個人単位 / 企業単位で考えることに限界があり、様々な人を巻き込み、連携 / 共創することが必要不可欠な分野。


まずは博展のサステナビリティに関する考え方や取り組みを社外に広く発信し、幅広い方々から私たちの想いに共感していただくことを目指しています。





村松:

そこで今回、他社の様々な取り組みを調査 / 参考にして「アンバサダー制度」を導入しました。

「アンバサダー」という名の通り、メンバーには各自で情報収集をし、外部との関係を築き、博展のサステナビリティに対する活動を社会に伝えるとともに、社内にもいい影響を与えていってほしいと考えています。


「Communication DesignⓇ~人と人の、笑顔が創り出す未来へ。~」というパーパスのもと、顧客企業やサプライチェーン、イベントの参加者、そして博展社員ほか様々な人々が幸せに過ごせる未来を創るために、我々サステナブル推進室 / アンバサダーの想いに共鳴する社員を増やしたいですね。




ー博展社員に対するインターナルブランディングの面では、アンバサダーはどのような役割を担うのでしょう?


鈴木:

社内の一部の人間はサステナビリティの重要性を理解していますが、社内全体のインターナルブランデイングが高められていないのが現状。この現象をアンバサダーに打破してほしいと考えています。

社外のいろいろなコミュニティに飛び込み、コミュニケーションをとる中で、博展にいろいろな知見を共有してほしいですね。


最終的にアンバサダーは「サステナビリティの文脈を自分事化して話せる」状態をゴールに置いています。博展の主領域にサステナビリティを組み込むための“事務局”がサステナビリティ推進室であり、それを実行するのがアンバサダーという枠組みですね。





ーまさに“アンバサダー”という言葉がぴったりですね。

サステナビリティ・アンバサダーのメンバーは若い世代が多い印象があるのですが、今回世代は限定しているのでしょうか?


鈴木:

今回はZ世代を中心にメンバーを構成しています。

当社が運営するサステナブル・ブランド ジャパンで調査したデータによると、Z世代はサステナビリティに対する意識や課題の感じ方について、他の世代に比べて顕著な違いが出ていることが明らかになりました。


Z世代は今後のビジネスの中心であり、未来の顧客でもあります。ですから“若い世代のイノベーション”を基本方針におき、博展内のZ世代の知見を拡げ、その考えを取り入れていくことこそ最も重要だと感じています。


推進室のメンバーだけで考えるのではなく、SDGsについて関心が高いZ世代と共創することが今後必要不可欠ですからね。