Z世代と企業が共創する社会を目指して - SB横浜2021現地レポートVol.2 -



SDGs / サステナブル / エシカル消費など、持続可能な世界を目指すためのキーワードが生活の中でも頻繁に交わされる時代。これからの時代を担う若者たちは、日本のサステナビリティについてどのように感じているのでしょうか?


日本におけるサステナブルブランド国際会議を運営する株式会社博展は、2月24日~25日にパシフィコ横浜ノースにて「サステナブル・ブランド国際会議 2021 横浜」を開催。


日本だけでなく世界各国のトップ企業や次世代を担う若者たちが”サステナブル”について熱く議論を交わしました。



今回は新卒1年目の新人営業がZ世代のいち生活者として本イベントにリアルで参加。

第2弾として、イベント2日目のセミナーをレポートします!


現域高校生起業家の考える未来の社会像 / 大学生が考える日本のサステナビリティの課題など、次世代を担うZ世代の意見に迫ります。




▶第1弾はこちら





Agenda



♦現役高校生起業家が考えるサステナブルの共創環境


♦フィリップモリスが考える“たばこのない世界”


♦サステナブルで終わらず、"REGENARATION"を


♦企業と若者が手を取り合い共創する社会を目指して





現役高校生は今何を想うのか

高校生起業家が考えるこれからのサステナビリティとは?


- 『中高生と大人の二項対立をなくすイノベーションを』

 一般社団法人Sustainable Game代表 山口氏



『中高生と大人の二項対立をなくすイノベーションを』と題して一般社団法人Sustainable Game代表の山口氏が行った講演。


山口氏は、若者が立ち上がり大人と意見を交換することによって企業とZ世代の二項対立化を改善することを目指していると語り、16歳という若い世代が考えるサステナブルへの想いや日本社会の課題感を熱弁しました。


普段なかなか聞くことのできない現役高校生の意見を聴く貴重な機会になっただけでなく、自分より若い世代の知識量に焦りを感じる場面も多くあり、とても刺激的な経験になりました。







企業とZ世代が共創できる環境の必要性



山口氏は最初に、企業とZ世代は2項対立化していると主張。


キャリア教育が推進される一方で、高校生がコミュニケーションを取れるのは教師のみであり、教師以外の大人に自分の意見を伝えるという経験をまだしたことのない若者が大勢いる現状を指摘。Z世代が自分たちだけで解決しようと企業を頼らない傾向にあること、企業もZ世代をマイノリティとみなす傾向があることなど、現段階の課題を紹介しました。


アインシュタインの“手段はすべてそろっているが、目的が混乱しているのが現代の特徴のようだ”という言葉に、次世代に向けてZ世代ができることのヒントがあると語ります。

様々なリソースが溢れていても活用できていないこの現状の背景には、様々な立場の人間の声を取り入れた目的と戦略の共創ができていないという課題があるとし、企業とZ世代が共創できる環境の構築を行っているとお話しされました。



「“違い”には、お互いがまだ理解しきれていない意見やアイデアが浮かぶ可能性にあふれている。」


山口氏のこの言葉が、深く印象に残っています。

Z世代が潜在的に持つ、“社会は他人と違う考えを持つ人に対して排他的である”という印象。

私も心のどこかで、他人と違うことに劣等感を抱くことが多いように感じています。


自分と違う考えを持つ人とのディスカッションは新しい視点もたらし、まだ見ぬ課題を浮き彫りにすることもあります。

“違うからダメ”ではなく、“違うからこそ話を聞く”という社会への変化を願うとともに、私も自身の意見に固執することなく、他人との違いに着目してディスカッションする意識を持つべきだと再確認しました。