SB横浜2021の魅力を徹底解説!これだけは押さえておきたいSDGsとサステナビリティ



「WE ARE REGENERATION」をテーマに2月24日(水)・25日(木)に開催される「サステナブル・ブランド国際会議2021横浜」。(以下SB横浜)

パシフィコ横浜ノース会場とオンライン参加のハイブリッドで開催され、国内外から200人を超えるスピーカーが登壇する。


今回はサステナブル・ブランド国際会議 アカデミック・プロデューサー 青木茂樹氏とSustainable Brands Japan編集局デスク 小松遥香氏がSDGs / サステナブルをテーマに本イベントの見どころを紹介。


コロナウイルスの世界的大流行で混乱のこの時代に、私たちは改めてSDGsについて考える機会を設けるべきではないだろうか。


♦Agenda

# SDGsやサステナビリティをめぐる世界の潮流を解説

# SB横浜の注目すべき登壇者 / セッションの紹介


2021年、これだけは押さえておきたいSDGsとサステナビリティ



SDGsは「我々の世界を変革する:持続可能な開発のための2030アジェンダ」という名前が付けられており、17個の目標の一つ一つにターゲットという詳細な目標が設定されている。


経済 / 社会 / 環境の在り方について国際的に議論始めたのは今から約50年ほど前。

1987年に“持続可能な開発”という言葉生まれ、2015年に持続可能な開発目標が国連全会一致で採決。以降全世界的に注力している。


SDGsは企業、そして私たち一人ひとりが意識すべき問題。

ここからは世界の現状と私たちのあるべき姿について考えていきたい。



私たちが暮らす世界の“今”


世界は今、地質学的にも人が地球を大きく変えてしまう「人新世」の時代に入っていると言われている。

産業革命以降、工業 / 農業の爆発的成長によって森が農地に、農地が都市に変貌を遂げ、あらゆるところにプラスチックやコンクリートが介在。小惑星の衝突や火山の大噴火に匹敵する地質学的な変化を地球に刻み込んでいるといわれている。



科学的に定義される、安定した地球で人類が安全に活動できる範囲・限界を示すプラネタリー・バウンダリーの考え方に基づいても、気候 / 水環境 / 生態系が本来持つレジリエンス(回復力) の限界を超え、まさに未知のゾーンに入っている。


社会に目を向けてみても、世界中で格差が広がっていることが大きな課題である。

世界で生み出された富のうち82%は世界で最も豊かな国上位1%が独占しているというデータもあり、私たちは不確実、不安定、複雑な時代に生きているということから目を背けることはできないだろう。


だからこそ私たちは、これからをどう生きていくのか考える必要がある。

そして企業は、気候変動や生物多様性の崩壊、格差の拡大といった潜在的にある問題を考慮しながらビジネスをすることが求められている。



企業はなぜSDGsサステナビリティに取り組むのか


地球や社会が持続可能でなければ企業も持続することができない。


SDGsやサステナビリティに取り組むことで、時代や社会のニーズに応え、次の時代に生き残るイノベーションを生み出していくことが企業のメリット。

同業他社であっても手を取り合い、世界的課題に取り組みたい。この危機的な状況を機会に変えていくことこそが重要。



サステナビリティの重視度が上がるとともに、これを支えるESG投資が日本でも急速に拡大している。環境社会企業統治に配慮している非財務情報を重視して行うESG投資を公的年金、国内外の大手金融機関も導入。

長期的な利益を目標に投資していこうという動きが大きくなっている。



社会全体が今、SDGsに力を入れている。

企業がSDGsに取り組みことは今や当たり前になっている。


SDGsの特徴である、望ましい未来の視点に立ち、何をすべきかを考え、技術開発などをしていく「バックキャスティング」や、社会課題を起点に事業を創出する「アウトサイドイン」の思考が、ビジネスや地域社会はもちろん、個人においても必要となる社会になるのではないだろうか。



「SB国際会議2021横浜」の見どころ紹介