デジタルとアナログを媒介するライゾマティクス初の大型展示「ライゾマティクス_マルティプレックス」をレポート!



みなさんこんにちは!

Think EXperience編集局2年目の大村です!


Quest ! 】は、都内を中心に新しい店舗体験やイベントについて実際に体験し、月1回更新でレポートしていくコンテンツです。

今回は番外編で、プランナーの2人に代わり私が初めて担当します!



前回のQuest!はこちら


素材の可能性を拡げる“協創”プロジェクト「8.2秒展」をレポート!






目次

・ 急速に進化を遂げている“デジタルアート”の世界

・今回の体験スポット「ライゾマティクス_マルティプレックス」について

・デジタルアートの世界を実際に体験!

・様々な人間がメディウムとなる「ライゾマティクス」

・編集後記





急速に進化を遂げている“デジタルアート”の世界

インターネットの普及とともにアートの対象がデジタルへと拡大し、ライゾマティクスが主力とする“デジタルアート”も年々注目を集めています。


しかし、デジタルアートが注目され始めたのはここ数年の話であり、“デジタルアート”は、他のアート作品と異なり、デジタルであるがゆえにコピー / 拡散できるという特性があるため、普及に時間を要しました。


ここ最近、ブロックチェーン(※1) や、 NFT(※2)といった技術によってデジタルアート作品の唯一性が担保され、複製を防ぐことが可能になりました。


このような背景からデジタルアートは今、加速的に進化を遂げている分野です。

デジタルアートは単に鑑賞するだけではなく、インタラクティブに楽しむことができ、アート表現の幅を広げています。私たち人間の動きをデジタル技術によってセンシングし、それが融合することで1つの作品が完成します。


自分も作品の一部に組み込まれるというインタラクティブ性と刻々と変化する作品の非再現性によって新しいアート体験が定義されているような気もしますね。


※1:ブロックチェーン

取引データをブロック単位にまとめ、分散型のコンピューターネットワークに時系列で鎖のようにつなぎ、保存するシステム


※2:NFT(Non-Fungible Token)

非代替性トークン。ブロックチェーン上に存在する複製が不可能なデータのこと。


ライゾマティクスとは何者?



数学 / プログラミング / 生物学 / アートなど様々なバックグラウンドを持つクリエイティブ集団として、日本だけではなく世界中から高く評価をされ、注目を集め続けているライゾマティクス。


2006年の設立以降、様々な分野の研究 / 技術とアートを掛け合わせた独自の世界観を表現し続け、世界中から注目されています。

Perfumeやサカナクションなど、日本のエンターテイメントを牽引するアーティストのMVやライブ演出を手掛けたり、人間の脳波を解析した体験アートを作成したりと、デジタルアートに留まらず、人×デジタル×空間を融合させた表現を追求するその勢いは止まりません。



今回体験した「ライゾマティクス_マルティプレックス」について

※プレスリリースより


ライゾマティクス初の大型展示!「ライゾマティクス_マルティプレックス」


ライゾマティクス設立15周年を記念して企画された「ライゾマティクス_マルティプレックス」では、コロナ禍の社会における情報と感情、身体の関係やコミュニケーションの新しい在り方が問われており、変化し続ける世界に果敢に挑むライゾマティクスの活動を複合的に紹介しています!


開催期間:

2021年3月20日(土)~6月22日(火)

※会期中は休館日も臨時開館


会場: