梅文化とは?チョーヤが仕掛ける梅体験専門店『蝶矢』をレポート!



みなさんこんにちは!

博展 / 新人プランナーの川津と渡邉です。


【Quest ! 】は、都内を中心に新しい店舗体験やイベントについて川津と渡邉で実際に体験し、月1回更新でレポートしていくコンテンツです。

前回のQuest!はこちら:日本初上陸!最新ガジェットの集まる体験型店舗 『 b8ta 』 をレポート!


目次

  1. 今回の体験スポット 梅体験専門店【蝶矢】とは?

  2. 蝶矢で梅体験

  3. オリジナルレシピを紹介!

  4. 新しい梅文化が暮らしの中に!

  5. 次回予告




今回の体験スポット 梅体験専門店【蝶矢】とは?

第2回目は、神奈川・鎌倉にある「梅体験専門店【蝶矢】鎌倉店」での体験をお届けします。


蝶矢は国内の梅酒シェアの3割を占める日本一の梅酒メーカーであるチョーヤ梅酒株式会社がオープンした梅体験専門店です。

厳選された素材の組み合わせから、自分だけのこだわりの梅シロップや梅酒を、梅1粒 / 1杯分から作ることができる体験型店舗として注目を集めています。

2018年に京都に1号店がオープンし、京都に続く待望の2拠点目として「梅酒の日」である今年6月11日に2号店となる鎌倉店がオープンしました。

※プレスリリースより


プレスリリースより京都店内装

※6月10日または11日を、チョーヤ梅酒株式会社が「梅酒の日」と定めています。 (日本記念日協会認定)



●「本格梅酒」にこだわるチョーヤが考える「これからの梅文化」

梅は2000年前に中国から伝わって以来、薬や嗜好品などその役割を変えながら伝わり続けた結果、「家庭で手作りする」という独自の文化が育ったそうです。


チョーヤ梅酒株式会社は1959年から梅・糖類・酒類のみで製造される「本格梅酒」を主に製造し、世界70ヵ国に輸出するなど、世界にも梅酒の魅力を広めています。 昔ながらの製法にこだわり、原料である梅の生産者と共に土の改善から取り組み、より良い製品作りを続けてきました。



本格梅酒にこだわってきたチョーヤだからこそ、梅をこれからの時代に繋げていくために発展させ、その新しい梅文化を広める場所として開いたのが、梅体験専門店【蝶矢】です。 梅文化を「大切な人とのつながりを育む文化」として現代のライフスタイルに合う形に再編集して提供しています。

本格梅酒:梅酒人気が高まる中で、梅がほんの少ししか入っておらず酸味料や香料などの添加物を加えたものも「梅酒」として流通されていました。2015年に日本洋酒酒造組合が初めて「本格梅酒」という基準を制定し、本格派の梅酒の立場を確立させました。



●店舗でしか体験できない梅体験は事前予約必須!

元々、予約開始後すぐに埋まってしまうほど人気ですが、現在は感染症対策のため1枠の定員が少なくなっており、さらに予約が取りづらい状況です。

私たちも予約開始時間と同時に予約しました! 梅体験には特別な準備は全く必要ないので、予約さえすれば手ぶらで楽しむことができます。 また、当日の営業時間中であれば作成した梅シロップ / 梅酒を店舗に預けることができるサービスもあるので、安心してその後の鎌倉観光を楽しむことができます。

※最新の情報はお店の公式SNSでチェックしてみてください!

Instagram

Twitter




●予約なしでも楽しめるテイクアウト

梅シロップを使ったテイクアウトドリンクは予約なしでも楽しむことができ、紅茶割りや緑茶割りなどの変わり種だけでなく季節ごとの限定ドリンクも登場します。 私たちはクリスマス限定の「梅ラズベリースパークリング」を試してみました。 梅シロップの味もしっかりしますが、ジンジャーエールとラズベリーで後味さっぱりで、見た目もクリスマスらしく華やかでした。

   画像左:梅ラズベリースパークリング    画像右:プレスリリースよりレギュラーメニュー

12月26日からは完熟南高梅のシロップと温かい煎茶を合わせたお正月限定ドリンクの「梅に煎茶。」が発売されます。 元旦に飲む梅干しを入れたお茶「大福茶(おおぶくちゃ)」を蝶矢スタイルにアレンジした商品となっています。