ブースという"場"を作りながら、"顧客体験"を作っていく。OMRONが魅せる新しい展示会のあり方。



業界最先端の技術やデモンストレーションが集まるIIFESにおいて、会場最大の100コマを誇るオムロンのブース。


博展は全体のプランニングディレクション / 意匠の実施設計 / 各コンテンツのクリエイティブディレクション / 制作を担当。

展示内容やデモ体験を主役として捉えた時のブースの役割について突き詰め、ブースのあるべき姿を模索しながら、あらゆるコンテンツや意匠のブランドマネジメントにかなり精微に取り組んだ。


また、表現としてだけではなく、機能的な側面でも体験を細かく設計し、効果的なブース内での顧客体験を実現。

ブースという"場"の作り方だけでなく、どこでどんな"顧客体験"を作っていくかを大切にした。



ストイックな企業姿勢に伴走し高度なアウトプットを目指す


歌代(デザイナー) / 佐藤(プロデューサー) / 中島(プランナー) / 岡本(グラフィックデザイナー) / 江口(プロダクトディレクター)



佐藤 (プロデューサー):

オムロン様は京都に本社があり、西日本営業所の私が営業担当窓口。

今回で3回目のサポートなのですが、オムロン様の物事を突き詰める徹底した姿勢によって、年ごとに目指すレベルが上がっていきました。


今回はオムロン様社内で、デザインを統括する部署が本格稼働する中でのスタートとなりました。


歌代(デザイナー) :

通常の案件と違い、オムロン様が建築家の松井亮氏にクリエイティブディレクターを依頼して、3社でタッグを組んで進めていく体制で進めました。

コンペはプランを提案するというより、どういうパートナーであるかをアピールする場になったような気がします。


プロジェクト進行にあたっては、オムロン様が目指す高度なレベルに応えられる体制とメンバーの温度感を評価していただき、受注。


いいアウトプットを作るためにはプロセスも非常に大切にされる企業様なので、そういう意味で、一緒に進めていく"パートナー"として認識いただいてのスタートとなりました。


中島(プランナー)

先方のプロジェクトメンバーの方々と、緊密にコミュニケーションを図って取り組んだこれまでの経験が、プランニングをしていく上で非常に重要なポイントに。


また、大規模で長期間のプロジェクトになるため、複雑な体制や難易度の高い進行に対する体力面も必要とされましたね。





場の作り方だけではなく、どんな"体験"を作っていくかを大切に


江口(プロダクトディレクター)

展示会の工期は1日半程度。限られた条件の中で、いかにオムロン様が目指す印象を実現するかを大切に考えました。

できるだけ効率的に進行し、来場者の方には見えない裏側を工夫するなど、コストを抑え、工期を短くするために、通常の展示会の感覚を超え、あらゆる可能性を探りました。


岡本(グラフィックデザイナー)

グラフィック面で重視したのは、見た目の美しさやブランディングの観点だけではなく、コミュニケーションツールとしての情報整理の仕方など、常に顧客体験を中心に考えて追求すること


来場者と会場にいるオムロン様の社員の方々との間で活発なコミュニケーションが生まれ、必要最低限で分かりやすく、しかも体験を促すツールとして機能するグラフィックやサイン計画とはどのようなものか。

それをどう実現するかを考え、検証しました。


例えば、ソリューション情報が掲載されたモニターグラフィックひとつとってみても、イベント本番で実際に来場者が視認する距離、その場に何人の人だかりができるかをシュミレーション。


その状況下で一番最初に目に飛び込んでくるべき情報は何で、その文字の大きさはいくつが最適なのか、という細かい設定を検証しつつ、情報掲示の方法を模索しました。



江口(プロダクトディレクター)

時間やコストといった様々な制限の中で、松井氏のイメージを元に、どう理想に近づけていくかを社内デザイナーと何度も検討を繰り返して、仕様や構造の擦り合わせを行いました。


歌代(デザイナー)

デザインや構造、仕様に対する松井氏の建築的なアプローチは、我々が短期のプロモーション空間の設計で固定概念化しているアプローチとは異なる部分もあり、新鮮で学びも多くありましたね。


素材は通常の展示会で使用しないような、アルミ部材、金物エキスパンドメタル素材など、徹底的にオムロン様が目指す世界観に近づけるよう本質的に検討を重ねました。


中島(プランナー)

博展としては、見える部分のデザイン設計に意識が向いてしまいがちなところを、ブースという"場"をどのように作り、その場を使ってどんな"体験"を生み出すかという視点を大切にしました。


実際に訪れた方々がどのようなフローでイベントを体験して、そのイベントの前後でどのような心理的な変化が起こり、ブランドに対する認識がどう変わるのか。


整理されたデザインをアウトプットすることが目的だけではなく、それによって来場者の方々がどんな気持ちになるかどういう情報の取得の仕方をするかその場で生まれるコミュニケーションはどのようなものか、その後どう情報を持って帰っていただけるか


これらを徹底的に突き詰めることで、精度を上げていきました。



佐藤(プロデューサー)

例えば、最適な通路幅を設定する際には、過去の混雑時のデータで"混雑"の定義づけをするところからスタート。

混雑時でも滞りなく空間の機能が発揮される通路幅を模索したり、プレゼンテーションの観覧人数によって生まれる人だかりを考慮した運営計画を練ったりしました。


そうしたロジックに加え、実寸検証で感覚的に"来場者がそれを見た時にどう感じるか?"という点での確認を行い、そのようなプロセスを経て機能する空間を設定していきました。


歌代(デザイナー)

博展の強みは、こうした体験設計を、社内で一貫してできる体制にあると思います。


プランニングからデザイン、施工までを一貫することで、プロジェクトメンバーが全体のコンセプトやクライアントの意図に対する共通認識を持ち、フィジビリティを高めたアウトプットを提供できると思います。


佐藤(プロデューサー)

今回のプロジェクトの責任者の方が、社員の皆さんが集まる朝礼の場で"過去最高の空間ができた"とおっしゃっていたと伺いました。

これはオムロン様の徹底して突き詰める姿勢が詰まった空間が出来上がったということだと理解しています。


博展にとっては、最高の褒め言葉です。




Producer: Tatsuya Sato / Tomoaki Nakamura

Planner: Genki Nakashima

Designer: Ryo Matsui Architects Inc. / Satoru Utashiro / Misato Nunokawa / Mami Seki Graphic Director: Hiroyuki Okamoto / Wataru Fukusaka

Production Director:Akinori Eguchi / Noriharu Shinjo

Production: Yohei Honda

Direction: OMRON Corporation Industrial Automation Company / Ryo Matsui Architects Inc.

Architect Design : Ryo Matsui Architects Inc. / HAKUTEN



Think EXperienceではメンバーシップ登録を募集しております!

ライブセミナーの情報 / セミナーアーカイブのご視聴 / 最新ブログ情報等、

皆様のお役に立てる情報をご案内いたします。是非ご登録ください!





Pick Up Blog