今だからこそ原点回帰とポジティブさを  - 東京ミッドタウンに期間限定オープンしたココロとカラダをリセットする場所 -

今求められる場所の在り方


2020年、新型コロナウイルスの大流行によって私たちの生活様式は大きく変化しました。外出の自粛が推奨され、あらゆる場所で人々が“集う”ことが制限されています。対面で来場者のリアルな声を聞くことができる場所が、今年度大きな打撃を受けていることは言うまでもないでしょう。


生活様式が大きく変わったなか、東京ミッドタウンでは2020年10月2日(金)~11月8日(日)まで、『TOKYO MIDTOWN RETREAT GARDEN 2020 ~日常から離れて、ココロとカラダをリセットする庭~』が開催されました。


場所本来の魅力を活かし、都会の中心で自然を感じることで心と身体を整える場所という意味が込められた“RETREAT GARDEN”。場所の美しさ / 人々の生活様式に注目して、Withコロナの今だからこそできる内容となっており、コロナ禍でも密を避けた取り組みとして反響を呼びました。


今回は東京ミッドタウンマネジメント様とディスカッションを重ねながら企画してきた弊社プランナーの中里が施策の内容 / ポイントを語ります。

――取り組みのテーマ、『RETREAT GARDEN』に込められた意味を教えてください 。


“RETREAT”とは、日常から離れ、ココロとカラダをリセットすることです。


新型コロナウイルスの流行で、私たちの生活様式は大幅に変化しました。当たり前が当たり前ではなくなり、制限も増え、息の詰まるような日々が続くこともあります。


そんな時は、いっそ日常から離れて、いつもの自分と距離を置くことが、実は大切なのではないでしょうか。




たとえば、このミッドタウン・ガーデンに一歩足を踏み入れること。都心の中にある豊かな自然と近づき、今日、この瞬間を過ごすことに意識を向けてみる。さざなみ立つ気持ちは静まり、リセットされていく心。一人ひとりの、思い思いの自由がある庭として、この『RETREAT GARDEN』を多くの人に利用していただきたいと思っています。



今回東京ミッドタウンマネジメント様からは、近隣住民の方々や新型コロナウイルス流行以前に訪れてくださっていた方の再訪を目的に、ミッドタウン・ガーデンを利用した提案をお願いされていました。


ソーシャルディスタンスを確保したうえで、屋外で楽しめること、ミッドタウン・ガーデンの魅力を最大限生かせるデザイン / コンセプトであることを強く意識しプランニングしました。同時に、新型コロナウイルスの流行で人々の生活様式が変化した今だからこそ、人々が自分自身を見つめなおし、心と身体を整えることを目指した取り組みになっております。


――“ミッドタウン・ガーデンの魅力” / “心と身体を整える”、この2つのキーワードに行きつくまでどのような背景がありましたか?

新型コロナウイルスの蔓延を受け、アプローチしたいテーマが3つありました。

ひとつめは、場所の魅力


東京ミッドタウンが有するミッドタウン・ガーデンは、新型コロナウイルスの流行以前は四季折々のイベントを行っており、常に賑わいのある空間でしたが、新しい生活様式において再び訪れていただくためには、3エリアの異なる特徴を再定義 / 再発見し、伝えることが、今イベントを行う意義になると考えています。

次に、社会的に問題視されている生活習慣の乱れ。 


家に籠ることによって生活のリズムが崩れ、精神的にもストレスが大きくかかる今日この頃。閉鎖的空間で長時間過ごすことによって乱れた生活を、開放的なミッドタウン・ガーデンを活かして改善したいと考えました。なかなか外出できない今だからこそ、“自分自身に立ち返り、心と身体を整える機会”である、そうポジティブに伝えることを強く意識しています。

最後に、新しいサードプレイスの在り方


ソーシャルディスタンスが求められる今、公共の場に自然なディスタンスをとれる場所がなく、落ち着ける場所がなくなりました。『RETREAT GARDEN』では、場所の意義を考慮した“自然な距離の取り方”を取り入れ、新しいサードプレイスとして愛される空間を目指しました。場所の魅力を活かしながら自然と距離をとれるデザインになっております。

ニューノーマルの今だからこそ、新しい社会のルールを美しいものへ変換していくこと。そして、コロナ禍でイベントの開催が厳しく、通常時よりも時間を確保でき、ブランドに立ち返ることができる今だからこそ、今までやってきた施策を整理すること。二軸でアプローチし、改めて東京ミッドタウン、さらにはミッドタウン・ガーデン本来の魅力 / メッセージに立ち帰りました。


――3つのキーワードは空間にどのように落とし込まれているのでしょうか?

全てのエリアで場所性、使用するもののストーリー性にこだわり、場所の魅力を最大限活かすコンテンツになっています。

1:空と月の丘エリア


月をモチーフにした月時計を作成しました。円形状に月の満ち欠けがあり、その丘で月を見上げながら心を整えるエリアです。


“月”をテーマに選定した理由は2つあります。

まず1つ目は、“月”という存在で人間の周期を体感してもらいたかったから。人間のサイクルは月のサイクルとリンクしており、日常の生活のリズムを見直すきっかけになるようにという思いが込められています。

2つ目はこのエリアには月の庭園という基からのコンセプトがあったこと。普段から足を運んでいただいていたお客様にも改めてこの場所のコンセプトを伝えられるデザインにしました。


単に区切るのではなく、月形の什器を置くことで自然と距離をとれる設計であり、自然の中で“月”をテーマに自分の生活リズムを見直すことが可能です。

2:木陰エリア


都会の中心で、木陰で休める特別な体験ができるエリアになっています。

木陰エリアには普段街中では目にしないような多種多様な木々が生い茂っており、都会で自然を感じられる貴重な空間が広がっています。


ただテーブルを置くのではなく、木と一体化した家具にすることで日常から離れ、木々の鼓動を感じることができます。


せわしない日常から一歩引いて、ゆっくりと流れる時間を楽しめる空間です。

3:秋の風エリア


テーマは“風”です。ここは非常に風通しがいい場所であり、“風”という特徴を活かした空間になっています。空間には風鈴が吊るされており、風を体 / 耳 / 目で楽しむことができます。


風鈴はもともと夏を想起させるものですが、俳人飯田蛇笏の「くろがねの秋の風鈴鳴りにけり」という句からインスピレーションを得て、今回は秋風鈴をセレクト。鉄器から鳴り響く重めの音色が季節の空気の移り変わりを演出しています。

そのほかにも、密を回避するためのサインや使用禁止にしていたベンチを、ガーデン / ミッドタウン内の回遊を促す看板に変える等、新型コロナウイルス対策のすべてにプラス1の工夫を施しました。


――実際の効果はいかがでしたか?

新聞社やテレビ局等相応数のメディアに取り上げていただき、反響が非常に良く、来ていただいた方のアンケートでもコロナ禍でも安心して楽しめたとの声をお聞きしております。


――新型コロナウイルスを受けての今をチャンスととらえるために、中里さんが考えるキーワードを教えてください。

#原点回帰 #ポジティブさ

コロナ禍の今だからこそ原点に戻り、場所 / モノの魅力を再定義する。制限があるからこそ、原点に立ち返り自分たちの魅力を再考するチャンスです。


そして、社会を取り巻くすべての変化をネガティブなものとせず、ポジティブな美しいものへと変換していくこと。


この2つのキーワードがこれからのカギとなることは間違いないでしょう。



外出自粛や三密回避など、様々な制限が生まれ、人々の生活も様変わりしてしまいました。

しかし私たちは、Withコロナの現在を前向きにとらえることができるはず。       

今まで確保できなかった“時間”は、自分に立ちかえり見つめなおすきっかけにもなります。


ニューノーマルに突入しつつある今、今流れる特別な時間をネガティブではなく、ポジティブに活用しようと努力する必要があります。


今回の東京ミッドタウンを皮切りに、ニューノーマルにおけるイベントのカタチを考察し続けたいと思っています。




【イベント概要】

TOKYO MIDTOWN RETREAT GARDEN 2020 

【期間】    2020年10月2日(金)~11月8日(日)

【時間】    7:00~23:00

【場所】    ミッドタウン・ガーデン

【主催・企画】 東京ミッドタウン

【詳細】    https://www.tokyo-midtown.com/jp/event/retreatgarden2020/


Think EXperienceではメンバーシップ登録を募集しております!

ライブセミナーの情報 / セミナーアーカイブのご視聴 / 最新ブログ情報等、

皆様のお役に立てる情報をご案内いたします。是非ご登録ください!




Pick Up Blog