リアル×デジタルで顧客体験を進化させる"LINK STATION" オンライン施策で成功するカギとは?




<agenda>

・リアルな顧客接点をデジタルへと拡張する

・リアルな場をデジタルで拡張した具体的な例

・デジタルへと拡張するために必要なもの / こと



少しずつ復活しつつあるコロナ影響下でのマーケティング活動。

顧客とのタッチポイントが減ってしまい、様々な業界でリアルとデジタルを融合したハイブリッド施策をよく目にします。


しかし、今までリアルで行っていた施策をそのままデジタルに移行するだけでは、なかなか今まで通りの効果を実感できないのが現状。



今回はHAKUTENが運営するオウンドメディア Think EXperience(TEX)を運営する編集デスク 原口と中部営業所のプランナー矢島が、コロナ禍のマーケティング活動においてデジタルで拡張する"LINK STATION"という考え方をご提案。


合わせてコンテンツマーケティングの視点からこのThink Experienceの裏側についてもご紹介していきます。




※本セミナーは2020年12月11日に実施した内容です。



リアルな顧客接点をデジタルへと拡張する


矢島 : 今回はショールームや店舗 / 工場など、リアルな顧客接点の場所を進化させていくということをテーマに話を進めていきます。

現状としてイベントは、少しずつ再開の兆しは見えつつも、やはり大型の展示会はまだ難しいという段階。店舗やショールームも入場規制などの対策が施されており、営業はしつつも稼働率が下がっており、まだなお厳しい状態が続いています。


原口 : 最近では、 閉めていたショールームの再開に向けた新しい施策や来場者の感染対策など、ご相談いただく機会が多くなりました。


矢島 : 2020年4月ごろから言われていることではありますが、やはりオンラインの展示会やハイブリッド施策への関心が高くなっていますね。


<引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000063081.html>


ある調査結果を見ると、オンラインのみの配信より、ハイブリッド展示への関心の方がパーセントとしては高い。

オンラインだけでは物足りないという心理があるのでしょうか。



矢島 : 実は今、人々の関心に比例してなのか、ハイブリッド施策がたくさん出てきています。

大枠のパターンが出てきているものの、全ての業種に関して通用するフォーマットというものがまだ存在していないと感じます。


原口 : そうですね。

様々なオンライン展示会の形があって、各業界の色に合わせて行く必要がありますね。



矢島 : ここからは、様々な業界におけるハイブリッド施策について事例を紹介しながらポイントを説明していきます。




一種の展示会のようなもので、オフラインの場所では商品だけを陳列させ、接客や説明などは全てオンライン上で行うという形です。

しかし、大型機械のような大規模な商品ではこのフォーマットでは難しいですね。


原口 : 他にも、アシックスさんが無人店舗を作ったことも記憶に新しいです。

オンライン接客を通して、自分の足に合う靴を見つけてくれるというサービスもありました。

"オンラインだけ"で、"店舗だけ"で、体験を完結させるということではなく、このように両者を融合していくのも大切ですね。




矢島 : しかし成功事例はあるものの、まだまだ数が足りないのが現実。

ハイブリッド展示会はなぜ難しいのでしょうか?数多ある理由を整理して掘り下げてみました。