世界三大デザイン賞 iF Design Award 2021でGOLDを受賞したHAKUTEN CREATIVEのデザインプロセスに迫る




ープロジェクト概要


神奈川県横須賀市にて行われたアートイベント『Sense Island -感覚の島- 暗闇の美術島』に博展が出展。

そこで猿島に刻まれた記憶を美しい光によって浮かび上がらせる作品『prism』を展示し、その作品が2021年のiF Design Awardで9,509点のエントリーの中から上位1%にも満たないGOLDを受賞しました。さらに2017年から2021年のインテリア・内装部門受賞ポイントが世界のTOP 10にも入っています。



今回は2021年iF Goldを受賞したprismという作品のアウトプットに至る経緯/着眼点やデザインプロセスを担当した弊社デザイナー(以下D) 高橋と、それを実現したプロダクトマネージャー(以下PM) 熊崎と紐解いていきます。





―今回 iF Design Award 2021でGOLDを受賞した『prism』という作品はどのようなものでしょうか?

高橋(D):

この『prism』という作品には、実は猿島の持つ背景が大きく関わっています。


今回の展示場所となった猿島は幕末から第二次世界大戦終戦に至るまで、要塞の島として多くの砲台高射砲などの防衛施設が設置され、終戦後においても砲台や弾薬庫などの痕跡が今なお色濃く残っています。



この『prism』は猿島の外形と旧砲台跡地を元に浜辺にプリズムを敷き詰め、それが灯台のような光を反射することで猿島が持つこの重たい空気、過去/歴史の記憶をデザインやアートの力を借りて美しく呼び起こす作品です。





―色鮮やかな光の反射が印象的でとても美しい作品ですね。

 どのようにしてこの表現に行き着いたのでしょうか?


高橋(D):

最初に展示場所を選ぶために猿島を訪れた時、なんとも言えない重たい空気があり、正直言うととても心細い気持ちになりました。

しかし、その暗い森の中から開けた海岸へと出てきたときに、対岸には横須賀の美しい夜景が広がり、「帰ってきた」という安堵感がありました。


僕にとってその体験が非常に印象的だったので、この作品は猿島が持つ暗い過去と今の美しい街の明かりをつなぐインスタレーションにしたいという方針にまとまりました。



―実際の体験にインスピレーションを受けて作品を作られたのですね。

 今回の作品においては、その体験をどのように表現したのでしょうか?


高橋(D):

まず、美しい夜景や未来を表現するために光を使った作品にしようと考え、プリズムによってそれを分散・反射することで幻想的な空気が演出できると考えました。


また、今回は猿島が持つ歴史的背景も作品に含めたいと考えていたので、展示物だけで完結させるのではなく、猿島という環境に上手く馴染ませる必要がありましたね。


さらに、“体験”をDNAとしているHAKUTENだからこそ、“作品を鑑賞する”という受動的な作品ではなく、“来場者も自ら作品に関与する”という能動的な作品にしたいと考えてデザインを進めました。




このような表現をL E Dの照明3つとプリズムだけで実現することもこの作品のポイントだと思います。例えば、光の演出だけを実現しようとすればデジタル制御されたレーザーでより複雑な表現もできます。


だけどプリズムの反射と浜辺の平面など最小限の要素で表現しつつ、そこに環境要因をうまく取り込むことで、デジタルではないアナログの表現をしたいと強く思っていました。

実際、無人島ということもあって少ない電気で表現しなければならないという制限もあったので、この方針でまとまりましたね。



―なるほど、

 シンプルに見える作品にも猿島の背景や来場者との関わり方など深く考えられていたんですね。

 どうやってそれを実現させたのでしょうか? 


熊崎(PM):

デザイナーの高橋さんからこのデザインを実現させたいと相談を受けた時、無人島や光の演出などHAKUTENとしても取り組んだことのない内容だらけだったので、正直少し不安はありましたね。

でも内容を精査していくと、この作品を実現するためには3つの条件をクリアしていく必要があることが浮き彫りになりました。


・無人島の屋外で展示をすること

陸路はなく、船での搬入出なので天候にかなり影響を受けてしまうことから綿密に施工のスケジュールを組む必要がありました。