一人ひとりが“エシカル消費”の基準を持つ時代へ - SB横浜2021現地レポートVol.1 -




SDGs / サステナブル / エシカル消費、これらの言葉がビジネスだけではなく、生活の中でも頻繁に交わされる時代に突入しています。


子供たちが学校でSDGsを必修科目として学習する今、私たち大人も、言葉の意味を知るだけではなく、“サステナブル”をより本質的に理解する必要があるのではないでしょうか?


日本におけるサステナブル・ブランド国際会議を運営する株式会社博展は、2月24日~25日にパシフィコ横浜ノースにて「サステナブル・ブランド国際会議 2021 横浜」を開催。


日本だけでなく世界各国のトップ企業や次世代を担う若者たちが”サステナブル”について熱く議論を交わしました。


今回は新卒1年目の新人がZ世代のいち生活者として、本イベントにリアルで参加。

イベントの様子をレポートするだけでなく、1人の若者という視点から、日本を取り巻く“サステナブル”の考えについて考察します!






「サステナブル・ブランド国際会議 2021 横浜 」とは



日本において5回目となる本会議は、世界的なサステナビリティの潮流や取り組みを共有し、各業界の最前線で活躍する企業と情報交換できるコミュニティイベントです。

米国サステナブル・ライフ・メディア社が展開する国際会議で、13カ国14 都市で開催(2019 年度)され、来場者数はグローバルで1.3 万人を超える規模となっています。


今回はコロナ禍を受けてリアル×オンラインのハイブリット開催になりました。


『WE ARE REGENERATION』をテーマに、200名におよぶ国内外のイノベーションリーダーが登壇。

サステナビリティを考える上で必要な知識を共有するだけではなく、世界を代表するトップ企業が自社の取り組みを紹介することで、企業という枠組みを超えて地球規模でサステナビリティの実現を目指しています。


さらに、“次世代育成”として高校生 / 大学生によるプログラムや、“地方創生・地域活性”を切り口に、全国のSDGs未来都市等の自治体担当者が一堂に会するプログラム「第3回未来まちづくりフォーラム」を同時開催。


2030年のSDGs達成に向けて世代を問わず多くのイノベーターが多角的なテーマで熱い議論を交わしました。




Agenda


♦コロナ下でも安心して楽しめる感染予防対策


♦“エシカル”とは何か、ファッション業界の未来を考える


♦一人一人が心に“エシカル”の基準を






感染症対策も徹底

リアルとオンラインの同時開催へ



会場では検温 / アルコール消毒だけでなく、入場制限や密回避対策など、全ての場面で感染症対策が徹底されており、安心して過ごすことができました。


会場には展示エリアとセミナーのトラックが8つあり、自分の興味関心に合わせてセッションを選択することができました。


協賛企業ブースでは、今まで知らなかった企業のサステナブルに関する取り組みが展示されており、非常に興味深かったです。



会場には企業の方だけでなく、制服姿の高校生や大学生も多く来場していました。

各ブースでは学生たちが企業の方々に質問をしている姿が多く見られ、改めて若者にとって”サステナブル”というキーワードが興味関心の的なのだと再確認しました。


また、直接意見を交わす場が少ない現状だからこそ、本イベントは企業同士だけでなく学生と企業の出会いが広がる貴重な場であると再確認しました。




各ブースには企業のロゴが手に浮かび上がるアルコール什器が!

感染拡大防止対策をポジティブに、遊び心のあるアレンジを加えた素敵な取り組みだと思いました。