withコロナの今、プロモーションはブランディングへ ~プロモーションとコミュニケーションの違いとは?~




Agenda

  • withコロナの時代における、顧客体験のあり方とその変容

  • 様々な制約の中での成功の事例

  • コロナ時代における人々の心理的な変容

  • 博展の考える新時代でのコミュニケーション〜プロモーションはブランディングへ〜



今までとこれからの”当たり前”


Withコロナが叫ばれる今、コミュニケーションのカタチは変化している。


消費者の私たちも日々、様々なことに細心の注意を払って生活することが当たり前になってきた。

今まで“当たり前”だったのコミュニケーションのカタチが大きく変容し、慣習や経験の上に引かれていた無自覚的な“当たり前”の境界線が今、大きく変化を遂げようとしている。


その兆しに着目し、次の時代に必要な顧客体験をリデザインしていくという観点で、弊社クリエイティブプランナーの南・桑名が私たち博展の考えや取り組みを、シリーズで紹介していく。


第一弾は、コロナ禍を受けて変容を遂げた“プロモーションの在り方”について考察。

プロモーションからブランディングへの変容、その過程で顧客とのコミュニケーションのカタチはどのように変化しているのだろうか?







マーケティングはコミュニケーション



プロモーションとコミュニケーションの違いは何か、という声を頻繁に耳にする。


プロモーションとは、企業が自分たちの商品や価値を顧客に宣伝する活動のこと。


やはりマーケティングはコミュニケーション。

プロモーションは企業が顧客に一方的に情報を伝える行為。

今のマーケティングのトレンドは、企業と顧客が綿密にコミュニケーションをとり、ブランドとして愛される存在であること。


“コミュニケーションを軸に置いたプロモーション活動”

この言葉がこれからのスタンダードになるのではないだろうか?




withコロナの時代における、顧客体験のあり方とその変容



南:

Withコロナにおいて、“顧客体験”は大勢の人が一同に同じ場所に集まり同じ体験を共有する“集客密集型”から、時間と空間を分散しながらコミュニケーションをとっていく“時空分散型”のコミュニケーションへと変化していく。

この流れ自体は昨今高まっていたが、コロナによって進む速度がさらに早まっているように感じる。

オフラインであった施策をすべてオンラインにシフトしていくというより、デジタルxフィジカルの特性を理解した上で体験設計を作っていくということが非常に重要。


オンラインには、今まで届かなかった潜在顧客へのアプローチが可能になり、裾野が広がるというメリットがある一方で、リアルイベントにはその場に行かないとわからない身体的五感を通じた実体験を味わうことができるという醍醐味がある。

それは、より”自分ごと化”ができるという、オンラインにはない強みである。


物理的に行動が制限される今、安全を担保しつつも、質も担保しなければならない。フィジカル体験で得られる実体験の深さ / 快適さ / 自由さを失わないというポイントも忘れてはいけない。



両方をしっかりと意識しながら“顧客体験”を構築していくということが大切。

情報も制限も溢れている現代社会の中で、顧客が求めるものは研ぎ澄まされていく。


さらに、社会全体で段階的に制限が解除していく中で、




桑名:

厳しい制限ができ、人々が自由に動けなくなってしまったことにより、今までの”当たり前”に半強制的に安全要素が入ってしまっている。

今まではなかったことやものと突如共存しなくてはいけなくなってしまい、今一番必要な安心安全が“仮設”状態になってしまっている。