新たな顧客体験の創出、オンラインシフトだけで満足していませんか?


Withコロナ時代のいま、求められているオンライン化

オンライン化の現状と効果最大化に必要な3つのキーワード

ハイブリット型企画3つのパターン

・オンライン化ではなく、ハイブリット化の時代へ



Withコロナ時代のいま、求められているオンライン化


昨今のコロナ禍を受けて社会にあふれているオンラインソリューション。

セミナーやインサイドセールス、オンライン展示会など多岐に渡るが、それらは果たしてこの先も効果が見込めるのだろうか。


博展は長年、オンライン / オフラインに関わらず、顧客体験を重視したコミュニケーションデザインを行ってきた。今回は弊社プランニング局長の田上より、オンラインとオフラインの融合によって顧客満足度を最大化させる”ハイブリットコミュニケーションデザイン”について話していきたい。





オンライン化の現状と効果最大化に必要な3つのキーワード


新型コロナウイルスの流行後、企業のマーケティングは2段階で進行している。

ファーストステップとしてイベント等の顧客接点機会におけるオンライン化。

そしてセカンドステップとしては、VRコンテンツの普及。


両者とも今までリアルで行っていたコンテンツをオンラインに移行しただけであり、それらはもうすでに世の中では一般化してきているように見える。

ほかにも多種多様な広がりを見せてきた今、マーケティングはオンラインとオフラインの連携へと変化を遂げた。リアルの体験を活かした上で、オンラインと融合させ、どう効果を最大化していくか。我々博展は顧客体験の軸となる3つのキーワードを掲げた。



#モーメント

イベントにおいて、オフラインとオンラインに関わらず、時系列に沿ってどのような意味を持たせるか。各ステップでどのように視聴者のモチベーションを最大化させるか、戦略的に設計する。


#コミュニケーション

イベント / 非日常の体験を活かしてどのようにターゲットとコミュニケーションを図っていくのか。


#コンテンツ

オフライン / オンラインの特性を活かしつつ、臨場感があり、型にはまらない魅力的なコンテンツにできているか。



この3つのキーワードがどのようにオンライン / オフラインを組み合わせたハイブリット型コミュニケーションデザインへと落とし込まれているのか。

多くのクライアントとの会話から見えてきた3つのパターンに分け、成功の秘訣を紐解いていく。



ハイブリット型企画3つのパターン



ファン育成型


時系列で顧客とのコミュニケーションを設計するパターン。

まずセミナーなどのインプットコンテンツやファン特設サイトなど、オンラインの特別コンテンツを作り、その終着点として直接的なファンミーティングやセレモニー等の集大成の場をオフラインで行う。

成功のカギとなるのは以下の2つのポイントである。


常時と違うターゲットをあらかじめ設定する

体験という非日常の拡張を狙っていくため、普段行き着かない新規層 / 地方の層など、普段おもてなしができていない上位のトップ層などにもアプローチすることができる。


一定期間時系列でゴールを決める

単発ではなく、シリーズ化をする等、長期的施策として企画を立てる。イベントを軸において各段階でコンテンツに意味付けをすることで、フィナーレのオフラインイベントまでグラデーション状にモチベーションを最大化させる。


言い換えればこの手法は、ファン育成の仕組みのようなものである。

会員登録やポイント制度を導入し、フィナーレのオフラインイベントにて達成の報酬のようなものがもらえる等の仕掛けを設けることで、顧客とより強いリレーションを築くことができるのだ。