Citroënマーケティング/PR担当が語る! 2020年だからこそ実践した“顧客体験”とは?





ベルランゴのローンチに伴うオンライン発表会や全国各地でのキャラバンイベントなど、

日本市場で注目を集め続けるCitroën。


今回はCitroënのマーケティング担当中山様 / PR担当森様(以下敬称略)に、2020年に実施した施策 / イベントを“顧客体験”という切り口からインタビュー。


顧客とのタッチポイントの捉え方や実施した施策の反響だけでなく、マーケティング / PR活動におけるCitroënのこれからに迫る。






登壇者紹介





2019年~2020年大成功を収めたCitroënのプロモーション


(2020年のCitroënプロモーションイベント一例)




Citroënと博展の出会いは2019年夏、独自のブランド体験イベント”Comfort La Maison Citroën”。




(Comfort La Maison Citroënの様子)




当時、東京モーターショーに出展しないという決断を下していたCitroën。

ベルランゴを先行展示でき、直接消費者とコミュニケーションが取れる機会を探していたことが

きっかけになったという。


そして2020年8月には、ベルランゴの発表会を初めて完全オンラインにて実施。


さらに魅力的なベルランゴを多くの人に直接見ていただくために、翌日からは東京ー大阪ー名古屋を巡るキャラバンイベントをスタートした。







“コミュニケーションを止めない”

前例のない2020年、広報 / マーケティングで成功を収めた秘訣は?



森氏

国から外出自粛が要請された2020年春、日本がセミロックダウンになった際も、我々は広報活動をストップしないと決断した。


多くの企業は広報車の貸し出しを全部ストップしている中、悩みながらも台数を絞ったうえでの貸し出し継続を決断したのは、メディアを通して車好きの皆様にコンテンツを提供し続けるべきだと考えたから。


ブランド側が広報 / PR活動を全てストップしてしまうと、コンテンツを制作しているメディアの活動は成り立たたず、衰退してしまう可能性がある。

また、セミロックダウンで退屈している中、車のコンテンツを楽しみにしているお客様のためにも、ネタ元を提供しようと思った。


私は広報なので、コミュニケーションの先はメディアの方々。

セールス / マーケティングがお客様に対して良いサービスを提供することと同様に、広報はメディアの方にできる限りのサービスを提供するべきだと考えている。


結果として多くのメディアに掲載していただいたことで、

“コンテンツがたくさんあること自体がお客様に対してプラスになる”と活動してきたことが、

今回のコロナ禍での1つ大きなポイントになったと考えている。




(当時掲載されたメディアの一部)