テレビでもウェビナーでもない!オンラインだからこそ実現した”夢を叶える”ファンイベント




リアルのコミュニケーションが制限されている中、どのようにしてロイヤルカスタマーの熱量を上げていくか、特別な体験を提供できるか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?


今回は“オンラインだからこそできること”を有効活用し、ファンイベントを大成功させたサッカー日本代表ファン向けイベントの事例をご紹介!

担当アカウントの竹熊とプランナーの渡邉が、ファンの夢を叶えたオンラインイベントの舞台裏を語ります!





ー案件概要



サッカーファンに向けたイベント「いま感じよう、世界への熱気」を朝日新聞社主催で開催。

抽選で260人の方がイベントにzoomで参加し、その様子をvimeoで配信しました。


1部ではJリーグの話題を中心に元日本代表の那須氏とトークし、2部では男女の日本代表チームについてなでしこジャパン監督 高倉氏や元日本代表選手 戸田氏など豪華なゲストを交えながら解説という2部制で全体を構成。

さらには、欧州にいる代表戦直前の日本代表選手とzoomでリアルタイムで繋ぎ、ファンとの交流も行われました。


テレビでもない、ウェビナーでもない、参加型オンラインイベントという新しいスタイルを確立し、多くの参加者に楽しんでいただきました。







ー今回の案件はどのような経緯で発生したのですか?


竹熊:

コロナ下でJリーグの試合や日本代表の試合がなくなってしまい、ファンの方々にとってサッカーを見る機会が少なくなってしまいました。今回は朝日新聞社様から、「試合を観戦するだけではなく、選手と交流することでサッカーをもっと好きになってもらえる機会を作りたい というご相談を受けたのがきっかけです。


2020年の10月ごろにお声がけをいただいたのですが、キャスティングしている選手のスケジュールの関係で11月上旬にイベント実施という、かなりタイトなスケジュールでの進行になりました。


1ヶ月で企画の中身やグラフィック / 映像の作成、さらには画面構成などプランナーを中心に内容を詰めていきました。




ー1ヶ月しかなかったのですね…!とてもタイトなスケジュールだったと思いますが、実際にはどのように進行したのでしょうか?


渡邉:

朝日新聞社様からこうしたい!という企画の軸をいただいており、実際にそれを形にするのが博展の仕事でした。

TV番組でもなくウェビナーでもない、オンラインイベントならではの特徴 / メリットを活かすことがポイントになりましたね。



今回は当選した260名の参加者がzoomを使用してオンラインでイベントに参加し、それ以外の視聴者に向けてはvimeoを通してその様子をライブ配信しました。



当選したzoomの参加者はせっかくなのでただ見ているだけではなく、憧れの選手と交流できたり、一緒に画面に映ったりと、差別化を図ることで記憶に残るイベントにしたいと考えていました。


そこで、イベント内ではslidoという双方向コミュニケーションツールを使って選手から参加者全員に質問し、リアルタイムの投票形式で答えてもらうなど、“生配信ならではの面白さ”を追求。

さらに、せっかく憧れの選手と画面越しに会える機会なので、その場で抽選を行い、当選者に選手のサインが入ったボールやユニフォームをプレゼントする、リアルタイムのコミュニケーションが取れるような企画を実施しました。



ー世界で活躍する現役の日本代表選手とコミュニケーションを取れるなんてファンにとっては夢のような時間ですね!自分もリアルタイムで見ていましたが、本当にテレビ番組みたいで飽きませんでした。


渡邉:

ありがとうございます!

今回のオンラインイベントの内容は、実際にはHAKUTENオフィス内のスタジオからの配信でしたが、配信画面の構成やスポンサーロゴの配置、カット割などを細部に至るまでしっかり詰めて本番に臨みました。

特に台本作成においては、“どのタイミングで、どのような画面構成になるか”まで設計していたので、テレビ番組のような飽きない構成と生の臨場感が生まれましたね。