日本最大規模のLIVEセミナー × コミュニティイベント ~4000人以上が参加した“SB2021横浜” 成功の秘訣に迫る~



オンラインセミナーが一般的になった今、会場に集客してセミナーを実施し、その様子をオンラインで配信する"ハイブリット型"のイベントが増えています。


“ハイブリット型”と一言で言っても、実際にどのように配信すれば良いのか / オンラインと現地イベントの棲み分けはどのように設けるべきか、などなどお悩みの方も多いのではないでしょうか?


2021年2月に開催された日本最大規模のサステナブルに関するコミュニティイベントである『サステナブル・ブランド国際会議2021横浜』(以下SB横浜)では、現地で開催されたセッションの様子をリアルタイムでオンライン配信。イベント参加者数を増加させるだけでなく、両形式の参加者から高く評価され、大成功を収めました。


今回はイベントを主催したサステナブル・ブランド企画推進室長の鈴木 / サステナブル・ブランド事業部の松本と実行においてテクニカルディレクターとしてイベントを成功に導いた中條にインタビュー!


第一弾の本ブログでは、主催者である鈴木 / 松本がイベントの開催に踏み切った要因や苦労した点についてお話しします。

さらに、イベント参加者からのアンケート結果から、リアルイベントの参加者とオンライン配信視聴者の特徴を分析!