後編 : 地球規模で取り組むSDGs / サステナビリティの重要性



・サステナビリティはビジネスになるのか

・サステナビリティからRe:Generationへ


近年、地球規模でスタンダードになりつつあり、大企業がCSR活動で広報するだけでなく、もっと具体的で身近な生活の中にも関わってくる”サステナブル”という考え方。


Withコロナの今こそ、自分のために、社会のために、地球のために、自分らしくできることを模索してみることが重要なのではないだろうか。


時代とともに変化してきた考え方や生き方、プロモーション例や企業としてのスタンスなど最新のアンケートも用いながら、営業 / プランナー / サステナブルブランドジャパンデスクという3つの視点で紐解いていく。




小松 : 博展はサステナブルブランドジャパン(以下SBJ)というコミュニティの日本事務局を保有しています。

そもそも、"サステナブルブランド(以下SB)"とは、2006年にアメリカで始まったビジネスのコミュニティー。商品 / ブランド・サービス / 働き方などに対して、サステナビリティの考え方を落とし込むことでブランド価値を上げ、社会全体を良い方向へ変えていく運動を行っています。


日本での活動としては、以下の4つがメイン。

  • SB国際会議の日本開催

  • SBJフォーラムなどのコミュニティ活動

  • 地域別のシンポジウム

  • メディアの運営

SBの取り組み自体は、13の国と地域で実施。

博展は2016年から日本での活動を担当しており、現在1.3万人を超える人々を保有するコミュニティへと成長を遂げました

木島 : 今年で5年目となるこの運動ですが、発足当時は"サステナブル"という言葉に馴染みがありませんでした。


ここ1,2年の間、クライアントからの要望やプロモーション / コミュニケーションの中で"サステナブル"という言葉がキーワードになることが多くなってきており、サステナブルを具現化できるような施策の相談を頻繁に耳にしますね。


今回のセミナーでは実際にクライアントへ提案したサステナブル関連の施策を紹介しつつ、前編に続いて、取り組み内容についても理解を深めていきたいと思います。


サステナビリティはビジネスになるのか


小松 : 最初のトピックは、ESG投資( 非財務情報)という経済の動きについて。

環境課題 / 社会課題 / ガバナンス企業統治への取り組みの評価を投資判断に用いるということですね。

2018年には360%増加し、身近な問題だと年金もここから捻出されているのです。

このトピックについては、消費が社会に直結していく特にミレニアル世代30代以下の投資家の関心が高と言えます。

市場が変わってきているのですね。


木島 : 投資に影響があるということは、企業の資金調達などにも関わっていくるということ。

企業の経営層になればなるほど、関心が高く、サステナビリティの感度が高いということですね。

重要なテーマであるがゆえに、長期的な視点が求められます。




ビジネスに繋がってくサステナビリティ


木島 : コロナの影響を受け、目の前の経営でいっぱいいっぱいの企業は、長期的な視点を必要とするSDGs関連の取り組みを後回しにしてしまうと思うのです。

それは、プロモーション活動のように、サステナビリティ施策がすぐには売り上げに直結しないことが理由だと思うのですが、ビジネス視点から見たサステナビリティはどうなのでしょうか?


山中 : 将来的には売り上げに直結していく施策だと言えます。

経済活動が活発なミレニアル世代がいちばん問題に強く着目している事柄であるからです。

ビジネスにできるのかということは、どの層をターゲットにしていくかがキーポイントですね。

現状、男性はどの年齢層もかなり着目していますが、女性は20代などの若い世代が関心を持っていることがわかります。それは、ファッションやコスメなどからキーワードから理解が浸透していったからでしょう。

さらに、職業的には、ビジネスマンよりも学生の方が理解関心が深いということがわかります。

若い人たちの方が感度が高く、SNSを積極的に利用している層に向けて、施策に工夫をこらしながら発信していくのが重要だと言えますね。